作り手|ARTIST

Lue 菊地流架

1983年 岡山県倉敷市に生まれる。
2000年 故 菊地雅章(父)の元で、彫金による
     アクセサリーを作りはじめる。
2006年 真鍮によるカトラリーを作りはじめる。
2010年 瀬戸内市に自宅、工房ともに移転。
     日本民藝館展 初入選。


岡山県瀬戸内市で、真鍮という素材を中心に
カトラリー・雑貨・アクセサリーを作っています。
真鍮は使っていくうちに落ち着いた色に変化してゆく素材です。
たたいたり切ったりと手で作るその作品は、
ひとつひとつに表情を持っています。
手に馴染んでくるLueの真鍮はその人の生活を
あたたかいものにしてくれます。
使うたびに少しうれしい気持ちになれるもの、
末永く使っていただける様なもの作りをしています。

<< 一覧にもどる

Lue 菊地流架