作り手|ARTIST

瀬戸本業窯

本業窯は、瀬戸に息づく陶器の手仕事で、
実用食器を作り続けてきた。質の良いもの
を作るため、仕事は分業制がとられ、作り
手は日々の修行を重ね、技を競い合った。
用と美を備えた器は、器文化の究極を築き
今に至る。
本業焼の代名詞である「馬の目皿」の復活
には、「古きを守るも、開発なり。」という強い
意志が込められている。

<< 一覧にもどる

瀬戸本業窯
瀬戸本業窯
瀬戸本業窯
瀬戸本業窯