作り手|ARTIST

出西窯

1947年 八月、五名の青年と二名の賛助者の協力をもって
     創業。多々納重成邸内に仕事場を建設。陶技の
     研究にとりくむ。
1948年 九月、初窯を出す。ウィリアム・モリスの書に
     影響を受ける。
     この年、河井寛次郎、濱田庄司先生に会い、
     民藝の話を聞き絶大な感銘をうける。
1949年 金津滋氏の指導により民藝運動に参加することを
     一同決心す。
     賛助の同人多々納重成死去す。
     地名により出西窯と名を定める。
1950年 河井寛次郎先生の指導を受ける縁に恵まれ、
     ご来訪いただく。
     日常の食器類を作りはじめる。
     山本空外上人に師事し、仏教に集団の理念を
     見出す。
1951年 柳宗悦先生ご来訪下さる。この道に迷いなく
     なる。
1952年 濱田庄司先生の指導をうけ、同人益子に学ぶ。
     また、丹波、五条坂に学ぶ。
     吉田璋也先生に師事し、鳥取民藝協団に参加
    する。
     国画会に初入選「飴釉指描鉢」
1953年 バーナード・リーチ先生の教えを受ける。
1955年 中出西に仕事場を移す。通産大臣賞をうける。
1956年 島根県教育優良団体表彰をうける。
     日本民藝館展に初入選す。
1959年 大阪日本工藝館十周年記念日本民藝展最高賞
     受賞。「波文様はけめ鉢大小組」
1961年 バーナード・リーチ先生ご来訪下さる。
1962年 日本民藝館展団体賞受賞
     「飴ふち引きはけめ鉢」
     日本陶芸展入選(朝日新聞社主催)。
1964年 バーナード・リーチ先生ご来訪下され、指導を
     うける。
     水害により仕事場の移転を計画。
1966年 現在地に仕事場を移す。
1974年 一月十三日、火災により仕事場消失。
     衆恩に支えられ直ちに再建。
1976年 第三回日本陶芸展入選(毎日新聞社主催)。
1980年 元鳥取民藝美術館の建物二棟を譲り受け、
     吉田璋也記念館及び出西窯研修館として移築。
1983年 日本民藝館展日本民藝協会賞受賞
     「黒釉楕円組鉢」
     中国文化賞受賞(中国新聞社主催)。
1984年 朝日現代クラフト展入選「白釉楕円組鉢」
1987年 創業四十周年を記念して無自性碑を建立。
1989年 第十回日本陶芸展優秀作品賞受賞
     「ふち鉄砂呉須釉組鉢」
1993年 東京国立近代美術館工藝館において企画展
     「現代の陶芸(Ⅰ)山陰の陶窯--出西窯」が
     開催される。
     日本民藝館展日本民藝協会賞受賞。
1994年 島根県文化奨励賞受賞。
1996年 三月、島根県ふるさと伝統工芸品に指定される。
1997年 田部美術館茶の湯の造形展優秀賞受賞。
     「海鼠釉切立組平鉢」
2002年 くらしの陶・無自性館がしまね景観賞奨励賞(民
     間建築物部門)受賞。
     第五回倉敷民藝館賞受賞。
2004年 柳宗理先生デザインの黒土瓶を復刻。
     柳宗理ディレクション出西窯シリーズの
     制作を始める。
2008年 国際交流基金主催「WA--現代日本のデザインと
     調和の精神」展(パリなど欧州を巡回)に「縁鉄
     砂呉須釉皿」が選ばれる。
2009年 第十二回日本陶芸展特別賞・TOTO賞受賞
    「外鉄砂釉深組呉須釉鉢」
     日本民藝館展には、昭和三十一年以来毎年入選。
     日本陶芸展には、昭和六十二年(第九回)
     以来毎回入選。(隔年の開催)

<< 一覧にもどる

出西窯
出西窯
出西窯