作り手|ARTIST

小石原焼 太田哲三・圭窯

小石原焼の開窯は慶長以前(16世紀末)といわれる。
伝統的な仕事を続ける民窯で、実用雑器を生産し、
技法は白化粧、貼付、櫛描き、刷毛目、イッチン、
蝋抜、飴や緑、三彩流し、飛鉋など多彩。


太田哲三
1950年 小石原焼の名陶 太田熊雄氏の三男として生まれる。
1969年 佐賀県立有田工業高校窯業科を卒業。
    父 太田熊雄に師事。
1975年 独立し小石原南の原に分家築窯する。

 その後、日本民芸館展、西日本陶芸展、日本民芸公募展、
日本陶芸展など多数入選。
現在は、福岡県美術協会員、福岡県陶芸作家協会員、日本
民芸協会員そして伝統工芸士。


太田 圭
有田の窯業訓練校を卒業後、父 哲三と共に作陶する。
熊雄氏、哲三氏から小石原の誠実な仕事を引き継いでいる。

<< 一覧にもどる

小石原焼 太田哲三・圭窯
小石原焼 太田哲三・圭窯