作り手|ARTIST

岩井窯 山本教行

 1948年 鳥取県に生まれる。
 1964年 鳥取民芸館長 吉田璋也に出逢う。 
 1966年 来日したバーナード・リーチに
     東京で逢い陶芸を志す。
 1967年 島根県 出西窯へ弟子入り。
 1971年 現在の地に独立。初窯をだす。
 1981年 岡山・天満屋にて個展。以後、隔年。
     米子・高島屋にて個展。以後、隔年。
 1986年 大阪・阪急百貨店うめだ本店にて個展。
     以後毎年。
 1987年 東京・西武百貨店にて個展。
 1990年 台風災害に遭い、窯場の再建。
 1994年 倉敷中央病院にタイル制作。
 1998年 クラフト館 岩井窯を設立。
 1999年 大阪・堺市 浅香山病院新病棟にタイル制作。
 2003年 大阪・堺市 福祉施設「アルソーレ」
     にタイル制作。
 2005年 田部美術館「茶の湯の造形展」優秀賞受賞。
 2007年 田部美術館「茶の湯の造形展」奨励賞受賞。

<< 一覧にもどる

岩井窯 山本教行
岩井窯 山本教行
岩井窯 山本教行
岩井窯 山本教行