作り手|ARTIST

小鹿田焼 坂本工窯 坂本創

開窯は、江戸時代中期、鶴河内小鹿田地区の
仙頭であった坂本家が土地の提供者となり、
小石原焼 柳瀬三右衛門の陶技、黒木十兵衛
の資本が一致し今日の小鹿田焼の基礎が築か
れたとされています。
 山間僻地、反農半陶などの諸条件により、
二百余年、外部からの閉鎖性を生み、李朝系
の唐臼や蹴轆轤、登り窯などの伝統が保たれ
昭和六年、民藝運動の創始者である柳宗悦氏
の来窯により、技法や作調を賞揚、同二十九
年には陶芸家 濱田庄司氏、河井寛次郎氏、
バーナード・リーチ氏の来訪で多くの指導を
受けました。
 小鹿田にとって最も大切な「猥りに昔を崩
さぬ様」という柳氏の教えを固く守り続けて
います。

<< 一覧にもどる

小鹿田焼 坂本工窯 坂本創
小鹿田焼 坂本工窯 坂本創