作り手|ARTIST

大谷焼

江戸時代後期、安永9年(1780年)に、四国八十
八ヶ所霊場の巡礼に来た豊後の国(大分県)の焼物
細工師・文右衛門が、大谷村において、蟹ヶ谷の
赤土で作ったのが起源とされています。
 藍玉(藍の塊)を入れて、発酵を促し染液にする
ための巨大な甕(かめ)は、藍甕用として盛んに焼
かれてきました。
水甕、睡蓮鉢など大物陶器の生産を開始したことが
大谷焼の始まりだといわれています。
近年では、湯のみなどの日用雑器や芸術作品まで幅
広く作られ、大谷焼独特の素朴さと雄大さ、県内外
で賞賛されています。

<< 一覧にもどる

大谷焼