作り手|ARTIST

梅山窯 梅野精陶所

砥部の焼物は三百有余年前より
くらしの実用陶器として焼き
はじめられ、安永四年(1775年)
大洲藩主加藤泰候は、この地方に
埋蔵する砥石の原料を生かして
磁器の製法を研究するように命じ、
安永六年杉野丈助は苦心の末、
これに成功して今日の砥部焼を
みるようになりました。
先年国の伝統的工芸品に
指定されるようになりました。
梅山窯は明治十五年開窯以来伝統を
守り今日に及んでいます。
清楚な白磁の温い肌に融け込んだ
呉須と色絵の実用食器、額皿、
花瓶、置物など数多くの工芸品の
開発に独特の技法をもって
制作しています。

<< 一覧にもどる

梅山窯 梅野精陶所