ブログ|BLOG

「太田潤 吹き硝子展」
阪急うめだ本店
くらしのギャラリー

おはようございます。

なかなか梅雨入りしない西日本。
かと思えば、梅雨入りしたとたんに台風3号・・・
ひどくならないといいですね。

さて、今日から阪急うめだ本店7階にあるくらしのギャラリー本店では
「太田潤 吹き硝子展」を開催いたします。

20190626073750.jpeg

太田潤さんは福岡県朝倉にある小石原焼窯元 太田哲三さんの次男坊。
昨年、個展をしていただいた太田圭さんの弟さんですね。
前回は豪雨災害の影響で在店はかないませんでしたので、4年ぶりの
来阪です。

20190626074246.jpeg

太田潤さんの吹き硝子は全てが廃瓶や廃窓ガラスから作られています。
エコね!なんてお話しもいただきますが、実は独立の際に築炉したところ
資金が底をついてしまい、ガラスの原料が買えずに酒屋をまわって瓶を
もらいはじめたのが、そのまま続いている・・・というのが本当の話
なんです。
倉敷ガラスの小谷眞三氏が使うような古典的な窯から生まれてくるものを
目指し、奇をてらわずに自然にそこに置いてあるような存在になりたいと
日々、もの作りに励まれています。

20190626075018.jpeg

常設でも大人気の小さな花入。
今回も色んな形や大きさを作ってきてくださってます。

20190626075339.jpeg

ワイングラスも透明だけではなく、グリーンとモスも届いてます。

このほかにも、コップや小鉢などの定番品や大皿、花瓶など個展ならではの
1点ものなど約400点超えの吹き硝子が揃っております。

そして、今回はいつもの什器から河原崎貴さんが作るシェルフとカウンター
を什器にして展示してます。もちろんこの2点も販売しますのでお気軽に
お問い合わせください。(材料の性質上、現状渡しとなります。)

明日、27日からはG20開催の影響で高速道路や一般道路に規制があるよう
です。公共交通機関は問題ないようです。
この状況で会期1週間では皆様にゆっくりとご覧いただきにくいと考え、
今回は7月9日(火)まで2週間の会期で開催いたします。

今日、明日と潤さんも小石原から来てくださいます。
皆さまのお越しをお待ちしております!