ブログ|BLOG

十場天伸のうつわ
くらしのギャラリー本店

2月8日(金)からはじまりました「十場天伸のうつわ」。
定番のスリップウェア、耐熱(直火可能)のうつわ、近年取り組まれているソーダ釉のうつわ、
幅広く作ってくださいました。
20190214145239.jpg


定番のスリップウェア。
20190214145804.jpg

20190214145832.jpg


耐熱のスリップウェア。
直接火にかけて調理道具としてもお使いいただけます。
20190214150104.jpg
20190214152417.jpg

ソーダ釉のうつわ。
焼成中の薪窯に重曹(ソーダ)を投入します。中世ヨーロッパでは塩釉がありましたが、
塩素ガスなどの問題や環境保護が考慮され、アメリカからソーダ釉が広まりました。
直接施釉するのではないので、無作為な釉の流れや発色が綺麗です。
20190214152005.jpg
20190214152105.jpg

スリップウェアもソーダ釉も中世以降ヨーロッパやアメリカのイメージがありますが
十場さんの作るうつわは、和でも洋でもお茶もお酒も、様々な場面で楽しめるうつわです。
素材となる土も、ご自身の暮らしの身近で手に入るものを使われたり、釉薬になる稲わらも
育てたり、十場さんの暮らしの中からうつわが作られています。
十場さんご本人が楽しんで作られている。それも楽しいうつわの大きな要因だと思います。
会期は17日(日)までです。ぜひご覧ください。

山本

20190214153638.jpg