ブログ|BLOG

「松本行史 家具展」
阪急うめだ本店
手仕事ギャラリー

今週の阪急うめだ本店 くらしのギャラリーは場所をかえてもう一つ個展を開催。

岡山県倉敷市の家具作家 松本行史さんの個展をくらしのギャラリーの左隣
手仕事ギャラリーで開催いたします!

20181017003337.jpg

大阪出身の松本さん、会社員時代を経て宮崎県の矢澤金太郎氏に師事。
岡山県北部の新見市で独立したのちに、今の場所で家具作りに励まれて
います。

北海道産の胡桃材を使い、槍鉋という日本古来の道具で木を削り、
拭き漆で仕上げます。
松本さんはこの工程を一人で行います。

20181017003724.jpg

20181017003801.jpg

新作の楕円ティーテーブル。
定番のティーテーブルに比べると奥行きを深くしてあり、ちゃぶ台の様にも
使っていただきやすい大きさ。
天板の厚みも通常の40ミリから20ミリに変更して、軽さもあります。

松本さんの作る家具。
奇を衒うことなく、シンプルなデザインは一見地味ですが、飽きがこずに
世代を超えて、永くご愛用いただけるものに仕上がっています。
また定番として色々な品物がありますが、お客様それぞれの暮らしの空間や使い方が
ことなると思います。
お客様のご要望に応じてサイズ変更はもちろんのこと、一から図面を起こしてオンリーワンの
別注家具も承っております。
別注家具というと高い・・・というイメージが強い様ですが、松本さんは定番品も、別注品も
オーダーをいただいてから制作にかかりますので、さほど高額にはなりません。

松本さんは、会期中全日在店してくださいます。11時から18時ぐらいを目安にお願いしており
ますので、この機会に色々とご相談くださいませ。

家具だけではなく、個展ならではのお盆やお重など木工品もご用意しております。
ぜひお越しくださいませ!

20181017004657.jpg

※なんという偶然か、美術画廊では松本さんのお師匠さん 矢澤金太郎師の個展が開催されます。
こちらもぜひ、ご覧くださいませ!