ブログ|BLOG

太田潤の吹き硝子
くらしのギャラリー本店

「太田潤の吹き硝子」が始まりました。
くらしのギャラリー本店では、イベントや小石原焼太田哲三・圭窯の
圭さんとの兄弟展での出品はありましたが、個展という形では初。
約450点の硝子が並びました。
20180902191555.jpg

定番のコップや鉢がこれだけ一度に揃うことはありません。
20180902191810.jpg

20180902191858.jpg

20180902191948.jpg

沖縄で学び、再生硝子で吹き硝子をされる太田潤さん。
もとの素材はお酒の瓶や古い窓ガラスなど。
硬く冷めやすい特徴があるので、形が定まりにくい素材ですが
流れのなかで生まれる形が楽しい硝子だと思います。

今回は大きなものもたくさん作ってくださいました。

20180902193036.jpg
DMになった栓付瓶と同じ金型からつくられた瓶。
金型の中の凹凸が味わい深いです。(完売しました。)

20180902193302.jpg
コロンとした丸さと蓋のおさまりも良い虚無僧壺。(完売しました。)

20180902193439.jpg
てっぷりした丸さの線巻の瓶。
高さ約24cm。

20180902194011.jpg
人気の小さい花入れもたくさん並びました。


潤さんの硝子は「作った」というよりも、「出来た」というような自然さがあります。
歪みに嫌味は無く、むしろ楽しい。
会期は9日(日)までです。
ぜひお手にとってご覧いただきたいと思います。

山本