ブログ|BLOG

「西川孝次の吹き硝子」
明日から!
阪急うめだ本店
くらしのギャラリー

こんばんは。

岡山のくらしのギャラリー本店では、山本教行さんの個展が開催されておりますが
明日から、阪急うめだ本店7階くらしのギャラリーでは「西川孝次の吹き硝子」が
始まります!!

20180627015313.JPG

2年ぶりの西川さんの個展。
今回も色とりどりで楽しい会場となりました。

20180627015824.jpg

今回、数をご用意いただいた金型吹込のシリーズ。
金型と硝子の膨張係数のバランスが難しい一品。
花入やぐい呑などがあります。

20180627020017.jpg

ソース瓶。
オリーブオイルやビネガーを入れてもいいですね。

20180627020116.jpg

個展の時には必ず完売してしまうほどの人気商品、ミルクピッチャー。
野花をちょっと入れるのにもいいです。

20180627020237.jpg

ちょっと大ぶりな瓶。
花瓶としてお使いいただいてもいいですし、そのまま飾っていただいても
十分に存在感があります。

20180627020337.jpg

セレンという素材を使った花入。
こちらも落ち着きがあります。

20180627020502.jpg

今回の出品はかなりアラレ推しな感じもしますが、この小鉢もアラレで
光があたるとキラキラしてとてもキレイです。


広島県三原市で吹き硝子工房を営む西川さん。
倉敷ガラスの創始者 小谷眞三師に憧れ門を叩きますが
弟子はとらないと沖縄の工房を紹介され、牧港工房で修行したのちに
郷里の生口島に築炉、ほどなくしてから今の地に移り住まれました。

とってもお酒がお好きな西川さん。
基本、酒器多めです。笑
人も好きで、ふらりと一人旅に出掛けては地元の酒場に顔を出し
知らぬ隣の人と酒を酌み交わす話も面白いです。

そんな放浪の旅で見たものが作品に表れているのか、西川さんの吹き硝子はどこか
異国情緒を感じ、とってもセクシーなものが多いと思います。

西川さんは明日、明後日と在店してくださいますので、硝子の話、旅の話、色々と
お声かけして差し上げてください。

皆様のお越しをお待ちしております!