ブログ|BLOG

「なかどまり工房 登川均のうつわ」
明日から!
くらしのギャラリー
阪急うめだ本店

こんばんは。

岡山のくらしのギャラリー本店では掛谷康樹さんの個展を開催中ですが、
明日から大阪 阪急うめだ本店7階のくらしのギャラリーでは、沖縄で作陶を
されている登川均さんの個展を開催いたします。

20170816015713.jpg

20170816015758.jpg

登川さんは、サラリーマン時代を経て、読谷村にある北窯の松田米司工房でうつわ作りの基礎を学びました。
初めてお会いした時に登川さんは「私のうつわ作りの基は、米司親方のうつわです」とおっしゃられました。
確かに米司工房の卒業生らしいうつわを作られますが、学んだことが幹となり、登川さんらしく静かで、
でもどこか情熱的なものを感じるうつわに魅力を感じます。

20170816020808.jpg

20170816020706.jpg

皿やマカイ、マグに浅鉢などの食器以外にも、沖縄ならではのチューカーや嘉瓶、按瓶や抱瓶なども届いています。
浅鉢は修行時代にお皿を作る練習の形がヒントになったのだとか。
私自身もこのうつわをきっかけに登川さんの仕事を知り、何度と窯を訪れ、まだお取り引きが始まってからの日は
浅いですが、とてもとても嬉しいことに今回の個展開催までに至りました。

20170816020734.jpg

登川さんが在店中に持ち手の付いていないチューカーをお選びいただいたお客様にはその場で登川さんが
真鍮の持ち手をつけてくださいます。

沖縄で焼き物を意味する「やちむん」。いまではいろんな「やちむん」が作られ始めていますが
私たちがオススメしたい「やちむん」が揃いました。

うりがやちむんやんど。

登川さん自身も作陶人生、初の個展です。
明日と明後日の二日間は登川さんも在店してくださいますので、ぜひお越しください。