ブログ|BLOG

粉引のうつわ。

「注連縄と粉引のうつわ」がはじまりました。
注連縄に囲まれて、石川雅一さんの粉引の白が奇麗です。


20151218180613.jpg
コップとして、器として色んな役をこなしてくれる猪口。
DMの猪口、トビカンナの猪口。
少しですが、鉄絵のコップも。


20151218181123.jpg
汲み出しもいろいろ並んでいます。
お茶はもちろん、小鉢のようにもお使いいただけます。

20151218182438.jpg
片口、徳利、酒盃。
丸みのある形が手に馴染みます。
落ち着いた白が素敵です。

20151218181418.jpg
小皿(約14.5cm)。シンプルな粉引、点紋、反り。
銘々皿としても、ちょっと一品盛りつけても。

20151218183316.jpg
粉引丸鉢(約20cm)。

「粉引」の器は、落ち着いた白が特徴です。
強度的に強いとは言えませんし、汚れやシミが染み込んだような跡ができます。
最初の白さからすると、そのような変化が気になるかもしれません。
それでも、じっくり使い続けることで見られる「粉引」の変化は、とても奇麗な
ものだと思います。
お米のとぎ汁で炊いていただく「目止め」や、お使い頂く前にお湯を張っていた
だく等で変化をおさえることもできます。
少し丁寧に。きっと「粉引」の変化を楽しんでいただけることと思います。

山本