ブログ|BLOG

『松本行史 家具展』より
食器棚。

こんにちは。

日が落ちるのが早くなりましたね。
土曜日の問屋町も夕暮れと共に人通りが落ち着いてきました。

さて、明日までとなりました松本行史さんの個展。
今日は食器棚をご紹介します。

20151031172137.jpg

モダンだけど、どこか懐かしさも感じるデザインの食器棚。
幅900×奥行400×高さ1500㎜

20151031172812.jpg

棚は固定棚ですが、上の段にはコップや湯呑み、中段には奥に段違いに棚が仕込んでありますので
手前に、お皿や鉢、奥にカップやご飯茶碗などを収納しやすくなってます。

20151031173057.jpg

上部の引き戸は硝子、下部の引き戸は木になってますが、これも凝った意匠になってます。
一枚の板を削りだして模様が出来ているのではなく、細く仕上げたカマボコ面の板を差し込んで
組んであります。
また、指をかける部分は傷が付きやすいので、ブラックウォールナットが使われています。

20151031173358.jpg

四つ足になっている意匠もかわいらしいです。
通常の食器棚だと、框組になっていて掃除が大変ですが、これだと掃除機やその他の掃除用具でも
簡単に床掃除が出来ますね。

20151031173714.jpg

こちらは横型引き戸棚。今回の新作です。
幅1400×奥行400×高さ900㎜
四つ足ではなくシンプルな板足で仕上げてあります。
床からの上がり寸法が低いように感じますが、ルンバはちゃんと入るそうです。

20151031174752.jpg

こちらも棚は固定式。
お気に入りのうつわを見せる収納でしまってください。

20151031183135.JPG

松本さんの家具はどれも背板まで無垢材で作られてます。
間仕切りのようにお使いいただいた時に、裏から見ても綺麗です。


どれも、国産のクルミ材を使用し、槍鉋で削り、拭き漆で仕上げてある
松本行史さんの家具。
お使いになる空間にあわせてあつらえます。

明日はいよいよ最終日です。
午後18時に閉会し、当日中に家具は搬出いたします。
お見逃しのございませんように。
あすも、みなさまのお越しをお待ちしております!


20151031184525.jpg