ブログ|BLOG

瀬戸本業窯のはなし。

今回は少しまじめな内容になりますが、おつきあいください。

「瀬戸物」と聞けば、広く焼きものを思いうかべる方も多いと思いますが、
もともとは愛知県の瀬戸でつくられた焼きもののことです。
六古窯にも名前があるように、中世から続く焼きものの産地で、鎌倉時代
には他では見られない意図的に釉薬をかけたものが見られるなど、すすん
だ技術がありました。豊富な土や薪などの原料、焼き物を運ぶ水路が発達
していたことから全国に広まり、大量生産に応じることで工業化され、海
外にまで広まっていきます。急速に変わる流れのなかで、昔ながらの焼き
もの造りを続けているのが瀬戸本業窯です。

瀬戸本業窯の裏山には、いかに瀬戸が焼きものの大きな産地だったのかわ
かる跡が残っています。
20150603215134.jpg
上から見下ろすと当時の登り窯の跡がみられます。
20150603215349.jpg
多くの職人が仕事をしていた工場の跡も。
奥に見えるのは、柳宗悦も賞賛した「窯垣(かまがき)」。
焼きもの造りでつかった道具を壁として利用しています。
20150603215714.jpg

古い「奥洞窯(おくほらがま)」と呼ばれる登り窯は解体され、その素材
をつかって再構築され昭和54年まで使われていたようです。
20150603220917.jpg
一部屋がとても広く、高さは手を伸ばせる程。この部屋が4つ。いっぱい
に埋まる程、器をつめて焼いていたと考えると、瀬戸が産地としていかに
大きかったが想像できます。
20150603222138.jpg
現在は、燃料の赤松が少なくなったため、出番はなくなりましたが、時間
の流れを感じることができる貴重な窯です。

釉薬は松の灰を分離させ灰汁をとることを繰り返しつくります。
その土地の土、樹木、をつかって焼きものをつくることが難しくなった今
も、昔と変わらず続けています。
20150603223627.jpg

周りの窯が大量生産から工業化していく時代の流れのなかで、昔ながらを
続ける覚悟は大変なことだったと想像できます。瀬戸本業窯は「水野半次郎」
という名前を継ぐことで、その覚悟も継いでいるように感じます。


描き手が亡くなり2年間止まっていた「麦藁手」の仕事も、再開していました。
今後がとても楽しみです。
20150603224612.jpg

20150603224726.jpg

瀬戸本業窯のうつわ、阪急うめだ本店くらしのギャラリーでは一足先にご覧
いただけます。本店でも早くご覧いただけるよう準備しますので、もうしばらく
お待ち下さい。

山本