ブログ|BLOG

村松学の吹き硝子 明日から!
阪急うめだ本店
くらしのギャラリー

こんばんは。
今日は午後から大阪 阪急うめだ本店のくらしのギャラリーに
入り、明日から開催の『村松学の吹き硝子』の陳列でした。

村松学さんは広島県福山市在住の吹き硝子作家。
カガミクリスタルに入社し吹き硝子を始めた後に
故舩木倭帆氏に師事、約9年間の修業期間を経て
同市にカンナカガラス工房という名で築炉・独立しました。

村松さんの吹き硝子。
あまり大きく個体差がなく、きちんと作り上げられている硝子の器。
倉敷ガラスや石川硝子工藝舎の吹き硝子とは違う表情・魅力を持つ硝子です。
陶磁器でいうと、両氏の硝子はどちらかというと土もの。
村松さんのは磁器といったところでしょうか。
あくまでも僕の主観ですが。。。
でも、クリスタルのものや、デザイン重視でつくられているそれらとは
違い、緊張せずに日々の暮らしの中で役立つ硝子器です。

今回は約400点の出品です。
花器・鉢・皿・コップ・ワイングラス・ピッチャーなど見応えのある
品揃えです。
会期は29日(火)までです。
お気に入りの硝子器を探しにお出かけください。
皆様のご来店をお待ちしております。

僕は25日(金)までと29日(火)にアテンドさせていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

20140722234351.jpg

20140722234549.jpg

20140722234628.jpg

20140722234700.jpg

20140722234736.jpg